中秋の名月

投稿日:2012年9月29日カテゴリーblog

こんにちは

 

明日は十五夜ですね

お月見といえばススキなどを飾って 秋になったのを感じながら満月を眺める

季節を感じる行事ですね

 

ススキについて少し

みなさんもご存知の秋を代表するものの一つ

イネ科 ススキ属

以前はよく空き地で目にしましたが 今ではススキも買う時代ですね

 

ススキに似ているパンパスグラスという植物もあります

イネ科 コルタデリア属

原産地は南米

高さが2〜3メートルにもなる大きなものです

 

 

しかし明日は嵐が近づいているようで 見ることができない様子
残念・・・・・

これから まだ秋を感じられる植物もたくさん出てきます
楽しみですね

 

モモセ

 

続きを読む

法面

投稿日:2012年9月24日カテゴリーblog

先日 移動中に河原の土手にある法面の話になりました

(法面とは人工的に作られた斜面をいいます)

法面の雑草が刈り取られ 少しのびてきた様子でした

何故これを除草剤で処理しないのか

ということでしたが

それは盛ってある土の補強も根っこが担っているからだ

ということでした

役割はちゃんとあるようです

 

意味もわかれば納得でした

見方も変わりますね

 

モモセ

続きを読む

斑入りの植物

投稿日:2012年9月21日カテゴリーblog

こんにちは

 

植物の斑入りについて

主に植物の葉に見られる現象で 通常は緑色の組織をもつ葉の一部が白や黄色

赤などになることをいいます

斑が入ることは遺伝的なものやウィルスなど

いろいろな原因ががあるとされています

 

斑入りは見た目にも美しく趣味家もいるようです

その形を楽しみ 好む方も多いのではないでしょうか

 

モモセ

続きを読む

ヒコバエ

投稿日:2012年9月16日カテゴリーblog

ヒコバエ(蘖)とは

 

孫生え(ヒコバエ)とも書きます

大きな木から見て孫を連想しているようです

ヒコバエは木の根元から生えてくる新芽のことで

剪定の際に取り除かれます

 

主幹が弱っているときなどに 生えてくることが多く

更新を求めているようです

ヒコバエの方に栄養もまわってしまい 親木の樹勢が弱ってしまうため

ヒコバエは切られてしまいますが 彼らは孫を育ててほしいのでしょうね

 

モモセ

 

 

 

続きを読む

イチョウ

投稿日:2012年9月16日カテゴリーblog

こんにちは

 

最近 変わったイチョウを見つけました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチョウ

イチョウ科 イチョウ属

中国原産の落葉高木

街路樹 神社などによく使われるので目にする機会も多い植物です

雌雄異株で雌株には実(銀杏)がつきます

 

写真のイチョウの枝から垂れているものは気根といい

古木の枝や幹から根が発達し 乳房に似た突起が出る まれな現象です

雌株だけという訳ではなく 雄株にも同じ現象はおこるようです

 

タコノキやガジュマルも気根が出てくる植物です

気根の役割として 支柱や空気中の栄養や水分補給など様々ですが

イチョウの気根が出てくることの理由は定かではないようです

 

 

モモセ

 

 

続きを読む

除草剤について

投稿日:2012年9月12日カテゴリーblog

こんにちは

 

本日は除草剤について少しお話しします。

除草剤の種類は大きく分けて、選択制と非選択制のものがあります。

選択制のものは、芝生(イネ科)の植物には作用せず

芝生地に生える雑草などに使われ、芝地の除草の手間がはぶけます。

 

非選択制のものはどの植物にも作用しますので、誤っても芝生に使用しないように

注意が必要です。

散布については、お庭の雑草にそのまま撒いても効果はありますが、

草刈り後に出た新芽に散布すると薬剤の量も少なく、より効果的に効きます。

お試しください。

 

補足ですが、除草剤が効きづらい植物が苔です。

鶴田

 

 

続きを読む

環状剥皮

投稿日:2012年9月6日カテゴリーblog

『環状剥皮』について

 

今日ゴムノキを発見!

ゴムノキは取り木がしやすいと教そわりました

 

取り木という手法は 盆栽の仕立てなおしによく使わています

大きい株を小さくしたり 趣のある枝から新しく盆栽を作るときなどに行われるようです

始めから大きな苗が作れるのが特徴で 失敗もより少なくなります

取木の方法は主に環状剥皮という方法をとり 枝の皮を一周はぎ取り

そこへ水苔を巻きビニールなどで覆い そこから根っこを生やします

 

本日の学習

 

 

モモセ

 

 

 

 

続きを読む

パキラ

投稿日:2012年9月5日カテゴリーblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パキラ

パンヤ科 パキラ属

中南米原産

写真はパキラの種です大変珍しいそうです

観葉植物ではポピュラーな植物ですが 寒さに弱く日本の冬は越せません

実生で育てた株は親株よりも遥かにその土地の環境に適応するといわれています

このパキラの種を庭に植えたら越冬するパキラができるかな〜?

 

モモセ

 

 

続きを読む

投稿日:2012年9月2日カテゴリーblog

こんにちは

 

昨日から東京で久々に雨が降りました

カラカラであっただろう植物に
恵みの雨です

だんだん秋もくるんでしょうね

休日の雨は外出が億劫に
今回はうちの中で静かにしようと思います

 

モモセ

続きを読む