クジャクサボテン

投稿日:2013年5月26日カテゴリーblog

 

おはようございます。

 

今朝ふと見ると

クジャクサボテン(↓品種名、紫紅花孔雀)の

花が咲いていました。

●クジャクサボテン(別名オーキッドカクタス)

サボテン科 非耐寒性多年草 草丈50~60cm

開花期 4月下旬~6月上旬(例外品種あり)

花色 桃・橙・紅・白 主に鉢植え

 

似たものに「月下美人」がありますが、

このクジャクサボテンとは別物です。

月下美人は「白色のみ」で、夕方から開花し朝方には

しぼむ短命花です。(クジャクサボテンは丸1日、品種により3日ほど)

ゲッカビジン(月下美人)

サボテン科 非耐寒性多年草 草丈100~150cm

開花期 6~7、9~10月の年2回

花色 白のみ 芳香あり 短命花

※両種共に過湿に弱いため、水やりは土の表面が乾いたら与えます。

 

夜にしか咲かず、暗闇の中で静かに花開くその姿から

月下美人という名前がついたそうです。

素敵ですね.

続きを読む

庭門

投稿日:2013年5月25日カテゴリーblog

 

こんばんは

 

「庭門」をご存知でしょうか。

言葉の通り、庭園へ入るための専用の門を言います。

正門よりは簡素な造りですが、素材も自然木や竹などを多用し

詫びた風情があります。

そこに木戸や枝折り戸、延段、竹垣そして木々や苔など植栽と調和させると

思わず吸い寄せられる空間が生まれます。

 

釘を用いずにノミでホゾを掘り、組み立てていく木組み工法、

職人さんが遊び心も入れつつ造り上げた庭門は

木の温もりと何とも言えない心揺さぶられるものがあります。

 

構成や装飾など知れば知るほど、魅了されてしまいます。

いつか実寸をつくりたい。そう思う日々です.

 

続きを読む

もち病

投稿日:2013年5月23日カテゴリーblog

おはようございます。

 

現場にて発見しました。

もち病です。

白い部分は葉っぱです。

葉・蕾・花の一部もしくは全体がお餅のように厚く膨らむ糸状菌による病気です。

白色から、徐々にやや強い紅色になります。

一見、白い花と間違えそうですが、胞子による

二次感染が起こりますので見つけ次第早急に摘除します。

これからの時期、排水不良で湿度が高いと発生しやすいです。

また枝葉が過繁茂でも発生しやすくなります。

日ごろの管理や防除をお勧めします。

 

葉っぱがこんな姿になってしまうなんて、、、

驚きです。

続きを読む

庭のお手入れの頻度:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2013年5月17日カテゴリーblog

さくら庭園の鶴田です。

世田谷区のお客様を中心にお手入れのご依頼を受けております。

 

本日は、庭の手入れの頻度についてお話しします。

理想をいうと、1年に1〜2回の手入れがおすすめです。

ですが、お客様からご依頼を下さる方の中には、

2〜3年庭の手入れをしていないという方も多くいらっしゃいます。

 

木には春に咲くもの、秋に咲くものがありますので、

花が咲き終わったものに関しては深めに切るなど調節をします。

一年中きれいな庭を保つためには2回をおすすめしています。

また、庭も将来的にどのような庭にしていきたいかに応じて、

切り方が変わってきます。

なので、出来るだけ同じ植木屋さんに頼むことをおすすめします^^

 

もし、お手入れをしばらくしていないという方がいらっしゃったら、

是非ご連絡下さい。

ご依頼頂く前に、お見積もりとお庭の簡単な診断をいたします。

宜しくお願いいたします。

 

続きを読む

仲良く並んで・・・

投稿日:2013年5月3日カテゴリーblog

こんばんは

 

ここのところ気温差の激しい毎日が続いています。

体調を崩さないようにしたいですね。

 

↓こちらは偶然発見した可愛らしい光景

ヘデラ(アイビー)がウッドデッキの小さな隙間から

ぴょこっと顔を出していました。

ちなみにこのウッドデッキと地面の間には少々高さがあります。

それを考えると、日光を求めるアイビーの生きようとする力に

感動してしまいますが、この何だか可愛らしい光景に

思わず笑みがこぼれてしまいます。

続きを読む

5月1日

投稿日:2013年5月1日カテゴリーblog

お久しぶりです

もうゴールデンウィークを迎えてしまいました

 

 

今年の春は花々が 一斉に開いたようにおもいます

最近よく目にする黄色いお花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モッコウバラ

バラ科バラ属

蔓性低木 こちらは八重

刺がなく丈夫 育てやすい 芳香がない

などの特徴があります

 

 

まだまだ賑やかですね

 

 

モモセ

続きを読む