カミキリムシによるヘデラ枯死被害:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月24日カテゴリーblog

 

↓ゴマダラカミキリムシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい先日伺ったお話。

今年はカミキリムシによるヘデラ類の枯れ被害が急増中なのだそうです。

よく弱った木や倒木した木を食い破って内部に侵入、食害ならびに卵の産み付け、

中が空洞化した木は倒木の危険性が高まります。

あんな細い茎のツタのヘデラとカミキリムシ・・・一体どういうことなのでしょうか?

 

詳しく伺うと・・・

ヘデラの太い根元の茎(3cm~)を食い破り、中に侵入そうです。

とある現場ではその原因により全て枯れてしまったそうです。

偶然ヘデラの手入れがあったので見ると・・・

カスカスになった侵入穴のある枯れた茎がありました。

葉はまだ青々としているので、全く気が付きませんでした。

来年を考え、侵入していそうな茎や枯れ枝はすべて取り除きました。

 

カミキリムシの対処としては・・・

成虫は5~7月頃に出現しますので見つけ次第補殺。

発生時期中はその後もいないか観察。

木くずや虫ふんが株元や周辺にある場合は内部にいる可能性が多いので

薬剤注入し、枯死木は早期に撤去する。(内部で成長可能の為)

などだそうです。

 

ですが、どうしてこれまたヘデラなのでしょうか・・・

不思議なものですね。

 

続きを読む

新宿御苑大温室:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月24日カテゴリーblog

 

ずっと行ってみたいと思っていました。

新宿御苑の中では一段とクリアな建物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿御苑にある大温室。

写真は秋ごろのもの。ビカクシダやタビビトノキ、ソーセージノキ、タコノキ、

ベーラムノキ、カカオノキなどなど。

何だろう?思わず見て見たくなる面白い名前の植物がたくさんありました。

ヘリコニア属や多肉植物はじめ「幹に実がなる木」や「三大○○の木」など

名札はもちろん、説明書き看板もあって大変興味深く勉強になりました。

 

↓アディアンツム・ペルディアヌム(葉長が75cmにもなる大型種)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓・・・次回、植物名再度確認してきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通路にはみ出すほどのおっきな葉っぱ!思わず潜り込んで激写。

葉緑素がたんまりと見受けられました。

やはり図鑑だけでなく直に見ることは大切ですね。

初めてヘリコニア属の植物を知りました。立派な苞・・・勉強になりました。

 

続きを読む

「鶴田屋苔図鑑」を見て・・・:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月23日カテゴリーblog

写真はタマゴケ。(朔に玉がついている事が由来)
タマちゃんの愛称です。親方より頂きました。
今もすくすく元気です!

苔は日本で約1,700種、世界で約20,000種あると言われています。

植物同様、各自に適した生育環境、姿かたちがあります。
多くの方が苔を好み、そしてその管理の難しさをおっしゃっています。
苔には朔というものがあります。
それが風鈴のようだからフウリンゴケ、動物に似ていることから動物名+ゴケなど。
ミクロの世界。美観面はじめ生態学をみましても、とっても面白いと思いました。

 

親方は苔を愛してやみません。
親方の苔のサイトがあります。

「鶴田屋苔図鑑」とご検索ください。
まだまだこれからとのことですが、とっても素敵なサイトだと思います。
いつか全種が載ることを願ってやみません。

続きを読む

個人邸モミジの移植:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月23日カテゴリーblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の移植作業をご紹介。

個人邸様にて、モミジを植えました。

 

玄関よりガラス越しに見えるその姿。

より葉が茂り柔らかく揺れる姿を想うと・・・

とっても素敵です。

 

続きを読む

芸術に触れたくなる冬:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月23日カテゴリーblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐっと冷え込むようになりました。

冬、とっても芸術に触れたくなります。

 

ふと見かけたお花がとっても素敵で。今開花真っ盛りなあのお花。

学生時代の記憶を頼りに、植物画を描いてみることにしました。

絵心はありません。が、ふと思ったことは、

植物を横にゆっくり絵を描くこのゆったり感。

こういう時間もいいものですね。癒されました。

 

今年中に描き終えられることを願って・・・。

続きを読む

ごろんと。:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月20日カテゴリーblog

 

秋ごろ、新宿御苑大温室帰りにて。

芝生にごろんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れていく風と雲を眺めつつ

やっぱり自然はすごく素敵だな・・・と感じたあの時。

このやさしい気持ちをずっと保てたらどれだけ幸せでしょうか。

 

今年もあと残りわずか。

あっという間に時間が経ってしまいました。

続きを読む

色のぬくもり:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月19日カテゴリーblog

 

先日の個人邸お手入れ中。

ふと上を見上げると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっごく綺麗。

ハナミズキのあったかい色でした。

続きを読む

錯覚:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月18日カテゴリーblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔がいっぱいビオラの開花。

小さい頃に観ていた不思議の国のアリス。

だからでしょうか・・・もう顔にしか見えないのです。

永遠に愛される物語。

素敵な発想と色づかいは・・・今なお鮮明に記憶に残っています。

イモムシが靴を履いていたことも・・・

捕まえるたびに見てしまう。

続きを読む

気持ちは前に出なかった:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月16日カテゴリーblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月頃でしたでしょうか・・・。

高木剪定中にスズメバチの巣を発見。

大きかったため駆除を依頼しました。親方が高所作業車を操作します。

 

ぽろっと上から何かが落ちた・・・あれは・・・バケツのフタ?

巣をしまう為のものでは?・・・大丈夫か?

ちょっとした笑いの中、下はより遠くに避難しつつ、

無事に誰もケガなく終わりました。

 

ある方曰く、巣を取ることよりも蜂を逃がさず捕獲しないと

結局は個体が戻ってきて危ないのだとか・・・。

 

小さな木でも意外と身近なところに巣はあります。

最近になっても意外と数匹見かけます

気を付けてくださいね。

 

今回親方は・・・気持ちは前に出なかった。

過去11月ブログをご参照ください。

 

続きを読む

ミステリーサークルをつくる職人:世田谷区の植木屋さくら庭園

投稿日:2014年11月16日カテゴリーblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある砂場の攪拌作業。

耕運機デビューのYoさん。

寒い朝、なかなかエンジンが入らず苦戦。

その後は、初めてとは思えないほどかろやかにこなされていました。

 

エンジンがかかった瞬間、ドヤ顔をキメてくれました。

面白い楽しい方です。

 

これでお子さん達も楽しく砂場遊びができますね!

続きを読む

次のページへ