「コケの話」  世田谷区の植木屋

投稿日:2018年1月18日カテゴリーblog

「 コケの話 」

「苔」と聞くと

ジメジメした場所を想像しゼニゴケを思い浮かべたり、

あまり良い印象を受けない方もいれば。

京都の静寂につつまれるコケ庭を想像される方もいるかと思います。

京都の方が子供の頃に庭のコケの上に乗ったり、剥がしたりすると

コケを大切にしなさいと、親に怒られていたと話します。

地域によってコケへの親しみ方、持つ印象はずいぶん違うようです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミノゴケの仲間、写真に写っているのは胞子体 蓑のような毛で胞子体を包むのが名前の由来、暖かそうです

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イワイトゴケ 主に樹幹に着き育ちます(着生)

 

コケを持ち帰り育てようとしても、住んでいた環境に近くなければ難しいものです。

木に着生するコケでも北側なのか南側なのか

亜高山帯に生えるコケも岩上か土上か腐木上なのか

また葉上に生えるコケもいます。

日本に1800種以上もあるコケは種によって住みかが決まっています。

持ってきたコケを育てるには、コケの生態を知り環境づくりが不可欠です。

剪定により木洩れ陽をつくり、空中湿度を保つために垣根なども必要かもしれません。

地域によって、どのコケが庭園に合うのかある程度決まっていると思います。

一番良いのは、その環境に自然に生えてくるコケを育ててあげることです。

コケ庭についてもご相談をいただければ幸いです。

 

鶴田竜児

 

続きを読む

「 川霧(カワギリ) 」 世田谷区の植木屋 さくら庭園

投稿日:2018年1月18日カテゴリーblog

 

【川霧(カワギリ)】   <季語・秋>

 

穏やかな朝

いつもの窓から変わる景色

多摩川に霧が立ち込み

龍が現れる

その姿は陽が差すまでのわずかな時間

つかの間の喜びを感じ今を過ごします

 

鶴田竜児

B21A06A5-528B-4EFD-AF1B-8B90E6AA9183

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

さくら庭園スタッフ募集

投稿日:2018年1月17日カテゴリーbloglist:noneお知らせ

【さくら庭園 求人募集のお知らせ】

 

日本の伝統である造園に関わるお仕事をしてみませんか?

日本には美しい四季があり、彩り豊かな花や木は、
私たちの生活を豊かにしてくれます。
その花や木々をより美しく輝かせるのが私たち植木屋です。

植物やガーデニング、日本庭園が好き。
そんな方をさくら庭園は求めています。
未経験の方でも一から丁寧にお教えいたします。

お客様に癒しと喜びをご提供できる素敵なお仕事です。
「造園」という和のエンターテイナーになってみませんか。

 

求人募集職種

期間:平成30年2月1日〜15日

[専門職] 庭園管理・緑化管理
[建築/土木] 設計施工・現場監督

給与

【正社員】月給:200,000円〜
【アルバイト】日給:10,000円~

未経験者見習い期間(1ヶ月〜3ヶ月:9,000円)

経験に応じて給与設定いたします。

作業時間

現場での作業開始・終了

8時〜17時

朝は事務所に集合して道具の積み込み後、現場に移動

帰社後、道具の積み降ろし・後日作業の打ち合わせ

解散

勤務地/最寄り駅

東京都世田谷区宇奈根2-3-5
【勤務地】 東京都・埼玉県・神奈川県小田急小田原線 【成城学園前】 :バス15分

応募採用資格

□未経験OK
□学歴不問
□経験者優遇

さくら庭園株式会社 採用担当 鶴田(03-6875-0346)

続きを読む

「 水前寺成趣園:熊本」  さくら庭園:世田谷区の植木屋

投稿日:2018年1月5日カテゴリーblog

 

「 水前寺成趣園」(すいぜんじじょうじゅえん)

国の名勝:国の史跡に指定

阿蘇伏流水が湧出す池

日本庭園でよく見る藻類の蔓延る池とは違い

透き通る池で泳ぐ鯉は、観られていると意識してか優雅に泳ぐ

その姿が見る者の目を楽しませている

桃山式回遊庭園
築山は富士山、庭園は東海道五十三次の景勝を模したといわれる

「縮景庭園」の代表格、良い時間をすごせます

鶴田竜児

30DE9DE8-A092-4296-B6F1-D0F8238DB107

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む